So-net無料ブログ作成
検索選択

木工事が終了・・・さて完成までもうすぐです。 [シンプルソーラーハウス第2弾]

木工事も終盤・・・大工仕事も大詰めです。
ロフトにあがる階段・・・踏み板形状に工夫を凝らしました。
osr20170126_a (2)_R.JPG
ロフトの階段やテレビ台も杉板を加工しました。
osr20170126_a (7)_R.JPGosr20170118_a (1)_R.JPG
・・・完成に向けていよいよ内装、外装工事にかかります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ソーラーツアー第1回目は・・・ほぼ満席、ご来場ありがとうございました。 [我が家のソーラーハウス体験記]

本日は2017年全国ソーラーツアーの第1回目
我が家のスペースではほぼ満席の状態、アマテルソーラー協会岡本会長による講演会から始まりました。快適な温熱環境とは?強力な境界と継続的な暖房が必要・・・ではその方法とは?家を作る事を我々日本人はちゃんと教えられていません。今日は友人のドイツ人ドイティンガーさんも参加、彼は18歳の時に家を自力で建てて、建築学を学んだそうです。家を建てるならば基本的な性能の必要性や効果をしっかり理解した方が良いと思います。
2017JST20170128 (1)_R.JPG2017JST20170128 (3)_R.JPG
今日は3月のぽかぽか陽気・・・約2時間の講演中はちょっと暑かったかも。
続いて、ソーラーハウスを建てて9年目、昨年増築したお客様宅を訪問、快適さを実感して頂きました。
2017JST20170128 (4)_R.JPG
温熱環境の良さが体にどの様な効果を生み出すか?デザインの重要性、匠の技とは?新築から12年を経過した住まいは?・・・ソーラーツアーはこれから3月18日まで開催されます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ソーラーツアー好評開催中です。 [我が家のソーラーハウス体験記]

全国ソーラーツアーは好評開催中です。
Part1 1月28日(土)「暖房のお手本住宅を見に行こう!」
          残席が僅かですのでお申し込みはお早めに。
Part2 2月4日(土)「歳をとっても若返りホルモンを出して健康寿命をのばしましょう」
          協賛_ウェルパーク薬局
          まだお席に余裕があります。
2017JST01_一般1_2回編.jpg
今後の予定
Part3 2月11日(土)「パフォーマンスがあがるハイブリッドソーラーハウス体験」
          協賛_ウェルパーク薬局
          アマチュアアスリート向けの体験会、まだお席に余裕があります。
Part4 2月18日(土)「家族の笑顔と健康のために、温熱環境を整えた家」
          開催準備中
Part5 3月11日(土)「こども上棟式」&現代の民家を見に行こう!
          開催準備中 
Part6 3月18日(土)「心地いい毎日を過ごす家」-12回目の冬を迎えましたー
          開催準備中
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

木工時は順調に進んでいます。 [シンプルソーラーハウス第2弾]

工事が進んで、建て主さんと現場確認、建物の大きさが実感できて完成が楽しみです。
sato20161203(1)_R.jpg
建物の形や大きさを実感していただき、次は快適さの要である断熱施工が始まりました。
osr20161205_a (3)_R.jpgosr20161226_a (8)_R.jpgsato20161203(6)_R.jpg
シンプルソーラーハウス第二弾の今回は低炭素認定住宅として適合した建物。
断熱性能と共に、そこに住まう人にとっての温熱性能も大事な要素です。
これからの住宅では絶対に避けてはいけない性能だと思います。
数年後・・・「あれ?お宅は断熱性能が低いわね?」なんて言われないようにしましょう。
※低炭素建築物とは
二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物で、所管行政庁(都道府県、市又は区)が認定を行うものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

北陸新幹線の群青色(ぐんじょういろ) [独り言]

新年あけましておめでとうございます。
お正月のお休みに先代の生まれ故郷である石川県に行ってきました。
石川県へは中学、高校の頃から行ったことはあったのですが実は金沢市内はゆっくり見たことが無かった。北陸新幹線も開通したことだし・・・そこで・・・
kanazawa_201701(1)_R.JPGkanazawa_201701(2)_R.JPG
目的は北陸新幹線の車体にも塗られている群青色とベンガラ色を一目見たくて出発。
朱色と藍色とは微妙に違う色彩と文化を再確認したくて短い旅行に行ってきました。
kanazawa_201701(3)_R.JPGkanazawa_201701(4)_R.JPG
今では定番となった鼓門に出迎えられ、まずは主計町を散策。
kanazawa_201701(5)_R.JPGkanazawa_201701(7)_R.JPG
懐かしい佇まいと風情・・・
私の人生ではどっぷり遣った訳ではない・・・
幼少の頃に親に手を引かれて感じた程度である。
それでも懐かしいと感じるのはとても不思議です。
一軒の喫茶店に入ってみると・・・
kanazawa_201701(9)_R.JPGkanazawa_201701(11)_R.JPGkanazawa_201701(15)_R.JPGkanazawa_201701(10)_R.JPG
この喫茶店、元々は芸妓さんのいるお茶屋さん・・・一番繁盛していた頃の壁の色
ベンガラ色であったことがわかり再現したという事です。
インドのベンガル地域の色彩・・・でもすっかり和の色では?
続いて長町武家屋敷跡へ・・・
kanazawa_201701(19)_R.JPGkanazawa_201701(20)_R.JPG
主計町のお茶屋さんの建物とは違い武家の立派な建物が印象的でした。
金沢は戦争による空襲や大きな震災にも遭っていないので古い建物が多く残っているという事でした。
さて最後に・・・いよいよ群青色を見たくてあの有名な兼六園へ・・・そして成巽閣へ
kanazawa_201701(32)_R.JPGkanazawa_201701(24)_R.JPG
・・・残念ながら撮影禁止でしたので、詳しくは下記のHPでご確認を
http://www.seisonkaku.com/
冬では珍しい青空の下の兼六園
kanazawa_201701(30)_R.JPG
短い旅でしたが、先人たちの色の使い方、価値観に触れる良い時間を過ごすことができました。
帰りの新幹線に乗ると・・・2時間で帰ってきてしまった。
中学生の頃、上野駅から夜行列車で来た時は本当に遠いと感じた。
タグ:伝統
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今年も全国ソーラーツアーを開催します。 [我が家のソーラーハウス体験記]

ソーラーツアーとはアメリカで1995年に始まったイベント、エコロジー意識の高いプロやソーラー愛好家たちが温暖化ガス削減のために自宅や自慢のシステムを公開してお互いの意識を高めようという趣旨で始まりました。日本でも毎年開催され今年で12回目となりました。
本年、高田工務店でも第12回全国ソーラーツアーに参加します。
今年のテーマは「健康」住環境による生活の変化、体調の変化・・・そして挑戦です。
2017JST01_一般1_2回編.jpg
今後の予定は
第1回 1月28日(土)講演会&ソーラーハウス体験
第2回 2月 4日(土)講演会&ソーラーハウス体験
第3回 2月18日(土)ソーラーハウス体験
第4回 3月11日(土)こども上棟式&ソーラーハウス体験
第5回 3月18日(土)ソーラーハウス体験2017JST01_一般1_2回編.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ソーラーハウスの心臓部・・・ソーラーコレクター取付 [シンプルソーラーハウス第2弾]

ソーラーコレクター
自然の力・・・太陽熱を集める部材です。
osr20161125_a (8)_R.JPGosr20161201_a (4)_R.JPG
今回はコレクター3枚・・・この建物のすべてのお湯をここで沸かす。
太陽光発電パネルもありますが・・・
今回はオーソドックスに太陽熱でお湯を沸かすことにしました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

構造材搬入から上棟まで・・・ [シンプルソーラーハウス第2弾]

下小屋での加工が終わり、いよいよ現場搬出
osr20161112_a (5)_R.jpgosr20161116_a (5)_R.jpg
建物の足元である土台を配り、基礎との接触部分には防腐剤を塗布。
osr20161112_a (7)_R.jpgosr20161112_a (11)_R.jpg
土台の上に、梁材や柱材を仮置きして本日の作業は終了・・・・
osr20161116_a (1)_R.jpg
あけていよいよ上棟の日を迎えました。
大工、とび職、現場監督、皆各々の立場で作業を進めていきます。
osr20161117_a (1)_R.jpgosr20161117_a (8)_R.jpg
今回の作業では荷揚げのレッカー車から現場の一番奥を目視することができません。
見える位置に人が立ち、手信号で作業を進めていきます。
osr20161117_a (23)_R.jpgosr20161117_a (26)_R.jpg
午後3時、建物の一番上の部分・・・棟が上がりました、今日の作業ももうすぐ一段落となります。お天気も安定していた穏やかな上棟の日でした。
osr20161117_a (31)_R.jpgosr20161117_a (35)_R.jpg
さあ私たちの事務所の御近所・・・稲城市押立にもソーラーハウスが誕生します。
完成までに見学会等も予定しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

新しいホームページが完成しました。 [独り言]

高田工務店のホームページが新しくなりました。
建物の御紹介
仕事の理念や考え方
ソーラーハウスやZEH
・・・雑然としていた内容を整理しました。
HP_20161202.JPG
新しいアドレスは・・・
    http://souzou-kukan.com/         
              ・・・新しいホームページとなりました。
注)キャッシュが残っている方は再読み込みを実施してみてください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

3世代、35年を経てリノベーション。 [長期優良住宅・ZEH・SWH・地域グリーン化事業]

35年前・・私は21歳でまだ学生でした。
高田工務店の先代が手掛けた鉄骨造の住宅。
この建物・・・家族総出で外装や内装のメンテナンスをしていることは知っていました。
一口にセルフビルド、セルフメンテナンスと言ってもそんなに簡単な事ではありません。
しかし専門知識や装備が低くてもメンテナンススパンは短く愛情をもって手入れをされたこの建物は35年の時間を経過しても劣化は少ないものでした。
・・・特に外壁のALC(発泡気泡コンクリート版)は水に弱く外装や防水のメンテナンスは欠かせませんが、ここも浸水や損傷は認められませんでした。
renovation20161123(6)_R.jpgrenovation20161123(7).JPG
この建物を建てたお客様のお孫さんから「御祖父ちゃんの建てた建物に住めますか?」
家族総出で外壁を塗り替えた思い出話などをお伺いし、改めて仕事の重みを実感しました。
「充分住めますよ。但し、構造、断熱、デザインは妥協しないで工夫しましょう。」幸い構造計算書、検査済証が現存していましたので早速構造解析。
建物の形状がシンプルなのと安全率を高く取っていたお陰で設計上は問題がなさそう。
renovetion20161123(8)_R.jpgrenovetion20161123(9)_R.jpg
続いて温熱計画、35年前・・・「ALC」という外装材は断熱性能が良いとされていましたが、断熱性能は木材より低い、結果はやはり現実は厳しい結果となりました。
Ua値2.54・・・最低でも現在の省エネルギー基準の0.87以下にしたいなぁ。
renovation20161123(2)_R.jpgrenovation20161123(3)_R.jpg
屋根、外壁、開口部・・・すべてが弱点
鉄骨造に木質の内装工事・・・発砲パネル系の断熱材の方が施工性が良いのではないか?
そこで候補に挙がったのがスタイロフォームFG、熱伝導率λ=0.022の優れもの、さっそくサンプルを入手してみるとフェノールフォームの様なもろさが無い。
renovation20161123(5).JPG
・・・という事で温熱計算、屋根、外壁、床にスタイロフォームFGを敷込み、開口部はアルミサッシにLOW-E複層ガラス、本来は最低でもアルミ樹脂複合サッシか樹脂サッシで行きたいところですが準防火地域の為コストアップが考えられるのでこのスペックで計画する事としました。
renovation20161123(4)_R.jpg
結果は・・・当初Ua値0.8位でしたが、東西壁面の開口部を小さくして0.66、まずはここから始める事となりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
メッセージを送る