So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ヒトは100歳まで元気に長生きできる。 [長期優良住宅・ZEH・SWH・地域グリーン化事業]

ヒトは100歳まで元気に長生き出来る。
事故で失った身体機能を自転車がによって取り戻した野口佳子さん。学生時代に発症した重い偏頭痛や吐き気、ハイブリッドソーラーハウスによって自由を取り戻した私。今回はこのキーワードによる講演会を開催します。

家から考える健康セミナー第1弾
1月27日(土)18:30~「50代から始める認知症対策」
薬剤師、アスリート、そして’17パラサイクル南ア大会金メダリストの野口佳子さんをお招きしての講演会です。
20180108nin01_R.jpg
20180108nin02_R.jpg

家から考える健康セミナー第2弾
2月10日(土)13:00~「暖房のお手本住宅を見に行こう!」
学生時代に発症した頭痛や吐き気、就職後の母校での出会い、ハイブリッドソーラーハウスの生みの親、岡本康男さんの講演会、難しいことをわかりやすく解説してくれる、とても人気のある講師「わかりやすく、とっても愉快、時に痛快」と好評です。
20180108danbo01_R.jpg
20180108danbo02_R.jpg

お申込、お問合せは 創造空間高田工務店HPまでhttp://souzou-kukan.com/

タグ:健康
nice!(0)  コメント(0) 

構造材の搬出・・・大工仕事の工務店 [川崎市Y邸現場LIVE!]

約1ヶ月の下小屋での作業を終えて・・・
yoshioka20171225(40)_R.JPG
大工仕事の工務店なら当たり前の風景。
加工された材の搬出作業。
丁寧に加工された木材を一本一本丁寧に手作業で積み込んで行く。
yoshioka20171225(64)_R.JPG
あくまで丁寧に・・・確実に
yoshioka20171225(68)_R.JPG
大工仕事の工務店の当たり前の風景。
でも実は・・・最近見ませんね。
少子高齢化による職人不足・・・省力化?
本当に良いのですか?・・・
こんなにも楽しい仕事を機械にまかせて良いのですか?
単純労働ではありません、スキルを求められます。
私達はこの仕事・・・後世に伝えたいと思います。
今回の仕事の墨付け刻みは彼が責任を持っておこないました。
yoshioka20171225(41)_R.JPG
創造空間 高田工務店 http://souzou-kukan.com/

タグ:職人 手刻み
nice!(0)  コメント(0) 

天竜杉・・・アマノ製材所、静岡の人 [川崎市Y邸現場LIVE!]

天竜杉の産地
静岡県西部の地に通い始めて何年になるだろうか?
稲城市矢野口H邸のお客様と遊びに行き・・・
稲城市大丸H邸の時には伐採体験に家族みんなで参加・・・
そして今、川崎市麻生区Y邸新築工事の構造材や造作材を引取に・・・
amano20171128_R.JPG
東名高速のこの景色・・・富士山が見えるとなんだかわくわくしますね。
amano20171215(4)_R.JPGamano20171129(29)_R.JPG
片道250km・・・決して近くはない・・・
なぜ?・・・
それはこの地の材、天竜杉の品質やPrideがしっかりしている事と「人」ですね。
amano20171129(25)_R.JPG
10年来のおつきあいである山口さん・・・そして友人の方々。
静岡木の家ネットワークや富士山木造住宅協会の皆さんです。
北海道の住宅視察や熊本への視察
木構造塾、温熱教室、住宅医スクールなどなど
現在では月に数回静岡県入りして
健康省エネ推進協議会にも参加
社会保険労務士の先生までお世話になっています。
amano20171129(30)_R.JPGamano20171215(10)_R.JPG
山の宝、人の熱意、Prideを満載して帰るんです。
配送業者さんに頼んでも良いのですが・・・
実はこの写真の木材はすべてこのまま化粧材として使う。
基本的に着色しない・・・
だから、天気予報を見て2日間降水量0%を狙って往復する。
「さあ明日、引取に行く!」と決めて動く。
amano20171215(8)_R.JPGamano20171215(11)_R.JPG
到着後、みんなで搬入作業・・・
造作材は下小屋脇の林場に保管・・・
弊社の若棟梁の智君・・・
静岡の人たちに育てられた材・・・
大切に使わせて頂きます。
nice!(0)  コメント(0) 

構造材の加工を始めました。 [川崎市Y邸現場LIVE!]

川崎市麻生区にソーラーハウスを建てる事となりました。
冬・・・暖かく
夏・・・涼しい
人にとって快適なのは・・・と問いかけながら仕事を進めています。
今回は・・・お若いご夫婦のお宅のお仕事
30年後に木を加工できる職人さんが居て欲しい。
そんな思いから、構造材の加工を始めました。
yoshioka20171122(7)_R.JPG
yoshioka20171122(4)_R.JPGyoshioka20171122(5)_R.JPG
構造材を選定して墨を付けて加工する。
現在は地方の工場でCADを駆使して機械が加工する事が主流です。
私達は年間数棟施工の小さな工務店。
数を求める必要がありません。
・・・この様に手で加工する事によって木のくせや強度を身体にしみこませる事が可能なんです。
この様な機会を作って頂いたお客様に感謝して1本1本加工させて頂きます。
yoshioka20171122(2)_R.JPG
構造加工の仕事中に内装加工の打合せも進めるのがいつもの仕事です。

nice!(1)  コメント(0) 

年間光熱費15万円削減・・・温熱リノベーション [築33年の家を暖かい家にリノベーション]

築35年のリノベーション工事
断熱性能を引上げて、快適な住まいに造り替えました。
kawa20170801002.jpgkawa20170801001.jpg
外皮平均熱貫流率UA値 2.0以上→0.63
冷房期平均日射熱取得率(ηAC値)5.0以上→1.8%
UA20170803.jpg
セルロース断熱やLOW-E複層ガラス施工などを施しました。
kounetu20170801.jpg
その結果省エネ効果が上がり年間光熱費は約15万円削減※
※「住宅・建築物の省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準」における計算用WEBプログラムにより算定される一次エネルギー消費量等をもとに、概算CO2排出量、概算水道光熱費を算出したものです。

体験見学会
8月27日(日)10:00~16:00
現地にて行います、詳細は追って掲載予定です。

是非省エネ効果とその快適さをご体験ください。

創造空間 高田工務店 http://souzou-kukan.com/


足場が外れました。 [築33年の家を暖かい家にリノベーション]

足場が外れて群青色に模様替えした外観が現れました。
内装はシンプルな仕上げですが要所に造作家具を造り込んでいます。
kawauchi201170714(2)_R.JPGkawauchi201170714(4)_R.JPG
今回のリノベーションでは温熱環境も重要視しています。
準防火地域の為、アルミサッシとし★4つ仕様です。
・・・そこでサッシの開口比率を下げて温熱性能を確保しました。
kawauchi201170714(6)_R.JPGkawauchi201170714(7)_R.JPG
3世代を見守る事となった柿の木と共に・・・
これから新しい生活が始まります。

こちらの建物8月に完成見学会を開催予定です。
詳しくは創造空間 高田工務店ホームページにも掲載予定です。
http://souzou-kukan.com/


木工事が進み内部の様子が見えてきました。 [築33年の家を暖かい家にリノベーション]

kawauchi20170708(5)_R.JPG
建物全体の断熱性能が向上したので玄関は分けません。
kawauchi20170708(3)_R.JPGkawauchi20170708(11)_R.JPG
キッチンの背面収納越しに玄関コーナー・サッシ越しに庭・居間を一望することができます。

kawauchi20170708(2)_R.JPGkawauchi20170708(10)_R.JPG
押立S邸に続く群青色が外装の基本カラーとなりました。

来週から内装、月末からは外構工事が始まります。
先代が建てた家をリノベーション・・・どのように生まれ変わるかまたご報告いたします。
創造空間 高田工務店 http://souzou-kukan.com/

セルロース断熱・・・適材適所な断熱材をセレクト [築33年の家を暖かい家にリノベーション]

今回の工事のテーマは断熱リノベーション
そこで・・・・
床下_スタイロフォームFG(熱伝導率0.22w/m/k)
規則的に並んだ根太材に固定するには固形化した断熱材が施工しやすく効果も高い。
kawa20170615001.JPG
壁_高性能グラスウール(熱伝導率0.038w/m/k)
凹凸のある下地に追従するグラスウールは施工性も高い。
kawa20170615002.JPG
天井_セルロース吹込(熱伝導率0.04w/m/k)
鉄骨造の天井は最も熱のこもる部分、断熱性能は一番必要な場所。
一方で下地材等が少ないので一気に吹込施工としました。
kawa20170615003.JPGkawa20170615004.JPGkawa20170615005.JPGkawa20170615006.JPG
リフォームではなく・・・リノベーション
断熱、耐震、デザイン・・・この3つは妥協していません。

創造空間高田工務店 http://souzou-kukan.com/

墨付け、手刻み・・・造る側のエゴではいけない。 [樹木と木材]

弊社では今後も構造材を下小屋で墨付けして加工しようと考えている。
なぜ?墨付けして加工するのか?
この点は紙面の都合上改めてご報告するとして・・・

「伝統工法はいい。」
「職人の手で加工するのは味がある。」
「職人魂が籠もってます。」
など・・・根拠が曖昧で心情的ではダメだと私は思いました。
木材の強度、材種などを客観的に計算して検証した結果を見て判断しよう。
込み栓とホールダウン金物はどちらが強くて経済的なのか?
どんな欠点や利点があるのか?
できるだけ把握して加工に取り組みたいと考えています。

そこで日頃お世話になっている
「静岡木の家ネットワーク」の木構造教室に参加しています。
hamamatsu20170614_R.JPG
hamamatu20170614(1)_R.JPG
学生時代、恩師の武藤章先生から「建築の勉強をしてこい!」と言われて大阪のセミナーに参加した帰りに立ち寄ったのが初めての浜松である。舘山寺温泉や浜名湖付近を巡り温暖な気候と土地の人々の感覚が心地よかった事を思い出します。
今から15~16年前、木材のトレーサビリティを辿ると静岡県の天竜材と出会う事となり、材料を引取に行くと称してトラックで通っていた、製材所の社長から「新幹線で来れば早いのに。」と言われたが、実は当時の私はシックハウス症候群の発作が怖くて新幹線をはじめとする公共交通機関が苦手、車も新車の乗用車より鋼板むき出しのトラックの方が好んでいたのです。その後、お客様と同行で伐採体験でもお世話になっています。静岡県浜松市は既に35年以上通っていることとなります。

今日は木造トラスと木造ラーメンの講義
正直に言えば・・・トラスもラーメンも弊社ではほとんど施工例はない。
では?なぜ?・・・施工例がなければまずは実験、検証、精査が必要である。
・・・そこで、伝統工法である込栓とホールダウン金物
検証と精査
hamamatu20170614(2)_R.JPG
hamamatu20170614(3)_R.JPGhamamatu20170614(4)_R.JPG
結果は・・・弊社ではホールダウン金物仕口を採用しようと思います。

震度7の繰返し地震でも耐えて使用継続できる建物造りが目的です。
今後も1ヶ月に数回・・・静岡の強者たちと知識と技術を高めていこうと思います。

創造空間 高田工務店 http://souzou-kukan.com/

タグ:職人 耐震

6月はいろいろな節目・・・今年の方針を建てる。 [独り言]

cur20110627(1)_R.jpg
日々の仕事はこれ・・・構造材を加工する仕事です。
私達の仕事を家を作る事、構造材を加工する事。
・・・現在、弊社のように加工している工務店は少数派となってしまいましたが。
6月は・・・企業や団体の方針を建てる・・・総会
毎年の事とはいえ、各種団体の総会が目白押しである。
fuji20170602(3)_R.JPG
日頃お世話になっている富士山木造住宅協会
ここで「大工育成の重要性と課題について」だと・・・

・・・現在、弊社のように構造材を加工している工務店は少数派となってしまいました。
改めて・・・こんな時代だからこそ構造材を加工しようと思う。
なぜなら・・・建築は多くの人達で作るもの。
cur20110627(2)_R.jpg
関わる人が多いほどよりよい解決策が見つかるもの。
uchiawase20161008(8)_R.JPG
よりよいものを作り終えた後の安堵感。
・・・さあ、次の仕事を始めましょう。
仕事は楽しいか?いえ厳しく苦しいものです。
人の手で加工しない仕事は?・・・同じです。
私たちは・・・やっぱり手で刻むことにしました。
これからも気力、体力を使って取り組みます。
daiku20170609(3)_R.jpgdaiku20170609(5)_R.jpg
創造空間 高田工務店 http://souzou-kukan.com/

タグ:職人
前の10件 | -
メッセージを送る